ホーム  >  イベント・体験  >  【12月10日】「森、薪、焚き火、大人になる時間。2017」@飯地高原自然テント村

イベント

【12月10日】「森、薪、焚き火、大人になる時間。2017」@飯地高原自然テント村

2017/11/28

takibi
 

|冬ならではの、森の愉しみ。

飯地町で、炭焼き・薪割り体験、ジビエを楽しむイベント「森、薪、焚き火。大人になる時間2017」が開かれます。

第1部の「プチ炭焼き体験」では、炭の窯出し、原木割り&窯入れの見学&プチ体験。
地元の炭焼きおじさん(!)が教えてくれるそうです。

そのあとは、お昼ご飯に今話題のジビエを味わいます。
「猪汁&かまどご飯」で体の芯から温まりそう…!!

午後の第2部「薪割り・焚き火体験」では、みんなで森に分け入り、斧と鋸だけで木を伐採します。

飯地町|森、薪、焚き火 ▲女子でも安心!

木を収穫したあとは、みんなで薪割り。初心者や女性には、安全な薪割り方法を教えてもらえます。
昨年も、名古屋から来た女子3人組がナタを振るっていたそうです…!

心地良い汗をかいた後は、待ちに待った焚き火タイム
時間が許すまで、焚き火を囲んでまったりとおしゃべりします。火の温もりを感じながら過ごす時間は、冬の森でしか出会えない贅沢な体験になること間違いなしです。

好きなところだけ参加できる、出入り自由のイベントです。初心者さんも、ぜひお出かけしてみてください。
(お申し込みを忘れずに!)

日 時:12月10日(日)
時 間
第1部(プチ炭焼き体験)10:00~12:00
第2部(薪割り・焚き火体験)13:00~16:00
※最後は自由解散
会 場:飯地高原自然テント村(岐阜県恵那市飯地町702-2)
参加費:1,500円(昼食代、保険代を含む)
*昼食不要な方は1,000円
定 員:10名(女性や未経験者歓迎)

服 装:長袖長ズボン、防寒着(かなり冷え込みます)、汚れてもよい靴(作業靴・安全靴や長靴推奨)、手袋(ゴム引きのもの)、帽子
*焚き火をしますので、化繊の衣類だと火の粉で穴が空いてしまうことがあります。高級なダウンジャケットやウィンドブレーカーなどは避けた方が賢明です。

持ち物:(ある人は)ヘルメット、ナタ・手ノコ・斧など(レンタルできます)、飲み物、汗ふきタオルなど

<申し込み方法>
事前申し込みが必要です。いずれかの方法でお問い合わせください。
facebookイベントページ
②いいじ森の恵み活用塾(担当:岡田)
電話:090-5860-4873
eメール:toshiokadawill@me.com

雨天、降雪時などは中止です。荒天が予想される場合は、前日夜に判断してご連絡します。

*林野庁「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」を活用しています。


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-event