ホーム  >  イベント・体験  >  【7月5日】上矢作・製材復活物語|第2弾|製材体験イベント/製材ってどんなもの?職人の製材を見て学ぶ一日

イベント

【7月5日】上矢作・製材復活物語|第2弾|製材体験イベント/製材ってどんなもの?職人の製材を見て学ぶ一日

2015/06/19

上矢作製体験イベント
 

|製材ってどんなもの?職人の製材を見て学ぶ一日

「製材」とは山から伐ってきた材木を、「柱」や「板」などに切って加工すること。

恵那市上矢作町はかつて林業と製材で栄え、町には多くの製材所が稼働していましたが、
林業の衰退とともに次々と廃業を余儀なくされ、かつての製材所は残っていません。

しかし、今でも製材師として、かつての知識と技をもつ職人の方々は地域にいらっしゃいます。

●上矢作の「製材」を復活させ、地域の山の木をもっと活用していきたい。
●失われつつある地元の職人さんの「製材」の知恵と技、そして心を、次の代にも引き継いでいきたい。

そんな想いから地元の有志が立ち上がり、「製材」見学イベントを開催することになりました。

地域の工務店に残された、使われなくなった製材機を再び動かし「製材」の復活を目指す。
その始まりの一日です。

この地域で「製材」の技を受け継ぎたい方、製材した材を活用していきたい方、
地域の山の恵みを伝え活かしたい方、ぜひいらしてください。

関連記事:おへレポ/“林業と製材のまち”を復活させたい!恵那市上矢作ではじまった『製材』復活物語

===============

日 時:2015年7月5日(日)10:00~15:00
場 所:堀井工務店 製材工場(恵那市上矢作町島772-1)
定 員:先着20名(締切6月26日)
参加費:2000円(昼食、保険代込)
特 典:当日挽いた板材のお土産付
内 容:①製材作業の解説と見学 ②製材製品活用アイディアの交流
持ち物:①軍手 ②ヘルメット(ある方は持参ください)

(※)昼食は用意しますが、おかずの差し入れ大歓迎です。

===============

<主催>
なつかしい未来の会(岐阜県恵那市上矢作町)
facebookページ:なつかしい未来の会

<お申込み>
「なつかしい未来の会」Facebookページよりメッセージにてご連絡ください。
イベントページ:製材復活物語イベントページ


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!


こんな記事も読まれています

関連記事はまだありません。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 080-3475-4350

© 2020 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-event