ホーム  >  中山道BOOK  >  【妻籠宿】豊作を願う!小正月の飾り・まゆ玉つくり体験

終 了

妻籠に伝わる

【妻籠宿】豊作を願う!小正月の飾り・まゆ玉つくり体験

mayudama

妻籠宿は、江戸から42番目の宿場。

全国で初めて古い町並みの保存活動をした宿場町で、国の重要伝統的建造物保存地区の最初の1つに選ばれました。江戸時代の日本がそっくり凝縮されているかのような美しい町並みは、「生きた博物館」と言われるほど!

2009年には「妻籠・馬籠宿」がミシュラングリーンガイドブックで一つ星を獲得。
海外からの観光客もどんどん増えており、中でも妻籠宿〜馬籠宿まで8キロの山道は、年間2万人の外国人が歩く人気のハイキングコースになっています。

 

姫宿の会プログラム紹介
 

妻籠宿で毎年開催されている「まゆ玉作り」

今回はどなたでも妻籠宿のまゆ玉作りを体験していただくことができます。餅花が作りたい方には、餅花作り体験もご用意いたします。

まゆ玉は、小正月に飾る餅花のような飾りのことで、蚕の成長や農作物の豊作を祈願する意味があります。

 

mayudama4
 

妻籠宿のまゆ玉は、蒸した米粉を練り、繭の形に丸め、バランスよくビンカの枝につけていく素朴な飾りです。
繭の形の紅白団子と黄色いきんかんがとても可愛らしいです。

 

mayudama2 団子にくびれをつけて、繭らしいかたちに仕上げていきます。
ちょっぴりつまみ食いしたくなってしまいそう!

 

妻籠
 

もともと妻籠では養蚕が盛んだったことから、繭のかたちをしたまゆ玉がどの家庭でも飾られてきました。
しかし養蚕が減っていき、だんだんまゆ玉を作る家庭もなくなっていってしまったそう。

そこで、まゆ玉作りを復活させようと妻籠宿の女将さんたちが集まり、まゆ玉作りが再開されてきました。
妻籠を大切に想う女将さんたちに教わりながら、伝統のまゆ玉作りにぜひチャレンジしてみてください。

まゆ玉飾りで彩られる、うっすら雪化粧をした宿場通り。
昔ながらの風景と冬の妻籠宿の雰囲気を味わいにいらしてください。

 

姫宿の会実施スケジュール
 

※本年度は終了しました

日にち:2017年1月13日(金)
時 間:9時~11時30分 ※途中参加可能。来られる時間をお知らせください

場 所:妻籠観光案内所(長野県木曽郡 南木曽町吾妻2159−2)
参加費:[まゆ玉]300円 [もち花]200円  《妻籠宿の駐車場ご利用券の提示で参加費無料》
定 員:10名くらい
予 約:必要 (ウェブまたは電話にて前日まで受付可能)

交 通:JR南木曽駅より「おんたけ交通バス保神・馬籠行き」で9分、バス停:尾又橋下車、徒歩3分/中央道自動車道「中津川IC」より約30分
駐車場:あり(有料500円)

 

姫宿の会申込み先
 

問合せ:妻籠観光案内所 [電話]0264-57-3123
申込み:https://docs.google.com/forms/d/1VfzXml9Idhq4xqCA-YpNuKO09J8bKKuhFlZgXt8Cpno/edit

 

 

tsumago

magome

ochiai

nakatu

oi

all

 

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-nakasendobook