ホーム  >  おへレポ  >    >  【求人】平成28年度恵那市地域おこし協力隊募集中|現・協力隊の須原さんが語る、恵那でのシゴトと暮らしのこと。

おへそレポート

【求人】平成28年度恵那市地域おこし協力隊募集中|現・協力隊の須原さんが語る、恵那でのシゴトと暮らしのこと。

2016/02/13

地域おこし協力隊恵那
 

|岐阜県の東部、恵那市というまち

2014年度の移住者数、62世帯165名。
その内の約半数を30代〜40代のファミリー世代が占め、若い世代の移住先として選ばれている恵那市。

岐阜県の東部に位置し、城下町をはじめとする数々の歴史の舞台や、森林率およそ80%という豊かな自然を持つまちです。名古屋までは電車で1時間というアクセスの良さも魅力のひとつ。「人・地域・自然が調和した交流都市」を目指し、人との交流、人との触れ合いを大切にしたまちづくりが進められています。

岐阜県恵那市
 

一方で、人口減少や少子高齢化はやはり大きな課題でもあります。

岐阜県の内でも早くから移住相談専門の窓口「恵那暮らしサポートセンター」を設置し、地域団体や民間と積極的に連携を図りながら、移住定住促進をおこなってきました。

移住希望の方の最初の相談窓口として相談を受け付け、アドバイスやサポート、空き家相談や地域との繋ぎ役をおこなうセンターには、現在2名の専門職員が従事。どちらも地域おこし協力隊員です。

 

恵那暮らしサポートセンター
 

|現・協力隊に聞く恵那での仕事と暮らしのこと

2012年からここで活動する須原由里加さんは、愛知県名古屋市から移住し、年間100名をこえる移住希望者の声に耳を傾けてきました。

—どうして協力隊で恵那に?

「名古屋で生まれ育ち、大学卒業後は群馬県で農家さんをサポートする活動や地域の行事のお手伝いを1年間していました。名古屋に戻ってからも、もっと地域に関わりたいという思いが強くなって。その頃ちょうど地域おこし協力隊の制度が知られるようになってきて、実家から近い岐阜や三重で協力隊の募集を探すようになりました。恵那には、坂折棚田で行われている農業体験に何度か来たことがあったんです。岐阜県内のいくつかのまちが候補にありましたが、実家に近いこと、他の地域に比べて少し馴染みがあったことが恵那に決めた理由ですね。」

—恵那暮らしサポートセンターではどんな活動を?

「恵那市役所内にあるサポートセンターの管理運営に関すること全般をおこなっています。空き家バンク事業では、空き家を登録する作業や地域・不動産業者との連絡調整、ウェブサイトの運営、移住希望者さんへの相談にのり、現地への案内もしています。
田舎で暮らしてみたいと思ったとき、仕事や住む場所、文化や気候など、いろいろな課題があって、それは人それぞれ。私自身が移住者なので、相談に来られる方の気持ちがかえって分かることもあるので、そこをサポートできることにやりがいを感じています。」

恵那暮らしサポートセンター
 

「また東京・大阪・名古屋で開催される移住定住セミナーで恵那の紹介も行っています。恵那の人は人が良くてウェルカムな雰囲気なところが、私は大好きなんです。そういうのって、言葉で説明するよりも体験してもらうのが一番。だから興味のある人にはなるべく恵那に来てもらって、田舎のいろんな面を体感してもらうようにしています。」

—お休みの日は、どんな生活をしているんでしょう?

「薪割りをしたり、森林塾の方と山に入って、間伐や木の出荷のお手伝いをしたり、山の循環について学んだりしています。恵那に来てから、林業にすごく興味が湧くようになりました。念願だった”わな”の狩猟免許も取得したんですよ!これからはもっとチェンソーやら鉈やら道具をちゃんと使えるようになりたいですね〜。
冬場は猪の解体にも呼んでもらって、この前は皮を剥いで革製品にするための準備もお手伝いさせてもらいました!金髪のめっちゃかっこいい猪だったんですよ!笑」

製材物語
 

「都会では、そういう暮らしをしたいっていう思いを共有できる人が自分の周りにはいませんでした。恵那に来てからは「いいね!」「一緒にやろう」仲間に出会えたことが本当に嬉しいです。任期は3月で終わりますが、これからも恵那の里山で暮らしていくつもりです。」

 

どこで何をして暮らすのか。
これから、どんな風に生きていきたいのか。
そんな人生の選択に寄り添い、活動を続けて来た須原さん。

あなたも、「恵那暮らし」の最初の一歩を手助けする繋ぎ役として、地方でチャレンジしてみませんか?

恵那市では、平成28年度地域おこし協力隊員を募集しています。
応募〆切は2月25日(水)まで。

●勤務地
恵那暮らしサポートセンター
住 所:岐阜県恵那市長島町正家1-1-1 ]
(恵那市役所内に設置。恵那市内全域で活動。)

●募集概要などの詳細は恵那市役所ウェブサイトにてご確認ください。

●申し込み・お問い合わせ先
岐阜県恵那市長島町正家1-1-1 恵那市役所
総合政策課 ふるさと活力推進室
電 話:0573-26-2111
メール:enagurashi@city.ena.lg.jp

 


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report