ホーム  >  おへレポ  >    >  【お店】恵那の居酒屋「どんぞこ」へ行ってきた。気になる名前の由来って?

おへそレポート

【お店】恵那の居酒屋「どんぞこ」へ行ってきた。気になる名前の由来って?

2015/11/18

どんぞこ
 

|思わず二度見した店名。どんぞこへ潜入。

おへマガ編集部が勝手な好みで選ぶ恵那・中津川の名店百選シリーズ。
第7回目は、恵那駅から徒歩5分ほどの酒茶屋「どんぞこ」です。

前回紹介したひかり食堂同様、ずっとずーっと気になっていたこちらのお店。大井橋近くにあり、看板を見たことある!という方もいるのでは??

お気づきの方も多いかと思うのですが、編集部女子2人は大のお酒好き。最近、「そんなに飲む女子っているんだね…」と久々に会ったメンズたちに引かれ、一瞬ヘコんだアラサー目前の編集部。

君たちがヘタレなだけだ!!お酒が飲めない男に興味はない!と、恵那の街へ繰り出すことに。

ついに「どんぞこ」に攻め込んできました!

 

まずは「どんぞこ」の前で、どん底風写真を。

どんぞこ
 

勇気を出して、扉を開けます。

どんぞこ
 

「いらっしゃい」と出迎えてくれたお母さん。

カウンター席が8つほど、座敷には4人座れるテーブルが4つ。

どんぞこな雰囲気はどこにもありません。

どんんぞこ
どん底どころか、木のあたたかい雰囲気に溢れた店内です。

どんぞこ
木彫りのメニューがいい味だしてる!

イカ明太子食べたい!と思っていると、

「あ、このメニューはメニューにはないの。」とお母さん。

のれんみたいなものだそう。

どんぞこメニュー
本当のメニューはこちら。

オススメは豆腐ステーキとのことで早速注文!

どんぞこ
アツアツ!うまうま!

美味しい料理にお酒がすすみ、ビールから既に熱燗へ。
しかし私たちにはミッションがあります。

そう。なぜ「どんぞこ」なのかを聞かねばなりません。

 

|お店の名前の由来を聞いてみた。

『お母さん。・・・なんで“どんぞこ”なんですか?』

『昭和31年にお店を始めて、私たちで2代目なの。当時このお店は全部借金ではじめてね、今が一番“どんぞこ”ねって。ここから頑張ろうっていう、その時の気持ちを忘れないように店名にしたんですよ。』

前を向いて生きていけってことですね!お母さん!
最近ヘコむことが多かったのですが這い上がっていこうと元気もらいましたよ。

 

どんぞこ
 

土日やお休みという強気姿勢ですが、大人数で予約の場合はお店をあけてくれるそうです。

ひとりでしっぽり飲みたいときにオススメのお店です。

========

酒茶屋 どんぞこ

住 所:岐阜県恵那市大井町160
電 話:0573-25-2871
定休日:土日

========
※営業時間を聞くのを忘れました。また行ったら追記します。

 



 

編集部が選ぶ恵那・中津川の名店百選シリーズ

ひかり食堂(食堂/ランチ/恵那)
ばんばん亭(焼肉屋/ランチ/恵那)
レストランエイト(洋食/ランチ/恵那)
らんらん(喫茶/モーニング・ランチ/恵那)
長杏(中華/ランチ・飲み/恵那)
二合半(居酒屋/ランチ・飲み/中津川)

 


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report