ホーム  >  おへレポ  >    >  【地域】白川村ナイト×岐阜ナイトinNAGOYA開催レポート

おへそレポート

【地域】白川村ナイト×岐阜ナイトinNAGOYA開催レポート

2016/03/15

岐阜ナイト名古屋
 

岐阜や岐阜の人と繋がる場として、全国各地で開催されている岐阜ナイト。

これまで、名古屋や京都、東京で「岐阜」を共通項に集い、語り合う場が開かれてきました。毎回、恵那をはじめ美濃加茂、瑞浪、郡上など岐阜県各地で活躍するゲスト・スピーカーが登場しています。

2月24日は、“白川村にあって都会にないもの”をコンセプトにした「白川村ナイト」とのコラボで「白川村ナイト×岐阜ナイトinNAGOYA」が行われました。

西アサヒ
会場となったのは、円頓時商店街にある「喫茶、食堂、民宿。西アサヒ」。

 

岐阜ナイト
白川村地域おこし協力隊の女子3人による民謡が披露され会場のムードが高まる中、ゆるやかに会がスタートしていきました。

gn-n-3-1
恵那・白川村の素材を用いた郷土料理や、白川村村議会議員高桑さん自らが厨房で作った飛騨牛の串焼きなど、岐阜を感じる料理の品々が並びます。

 

岐阜ナイト
「白川村ナイト×岐阜ナイトin NAGOYA」の司会を務めたのは、恵那の園原麻友実(写真左)さんと、白川村の福田麻衣子(写真右)さん。まず園原さんから恵那がどんな地域なのか紹介が行われます。

園原さん:「恵那市は人口5万3000人ほどで、都市部からのアクセスが良く、田舎暮らしが出来るエリアとして移住者が増えています。2014年は、62世帯、165名が移住しました。」

岐阜ナイト
白川村の紹介を行ったのは、白川村役場の高島さんです。

高島さん:「白川村は、人口が1700人に対し、観光客は年間150万人訪れています。観光に関しては好調ですが、人口が右肩下がりに減少している点が心配です。
40分から1時間ほどの滞在で帰ってしまう観光客に対して、白川村の暮らしの部分を知ってほしい。世界遺産以外の料理や人といった新たな興味の目線を持ってもらうために、白川村を紹介するイベントを都市部でおこなっています。」

 

|岐阜移住女子

「白川村ナイト×岐阜ナイトin NAGOYA」の最初の話題は、「移住女子」。どんなきっかけや思いがあって、岐阜へ移住したのでしょう。

岐阜ナイト
 

白川村地域おこし協力隊の福田麻衣子さんは、千葉県出身で10年間大阪で働いていたんだそう。

福田さん:「関東で就職したんですが大阪に配属になり、10年間働きました。10年のタイミングで千葉に帰ろうと仕事を辞めたんですが、日本仕事百貨という求人サイトを見て、白川村に興味を持ちました。
建築を勉強していたことや空き家の改修に関心があったことから、大阪時代には、趣味で古民家のリノベーションをやっていました。地域が元気になる場所の役割を考えることが面白いなと思っていたのですが、そういったことが出来る場所が白川村にありました。」

 

岐阜ナイト
こちらは名古屋から恵那市飯地町に移住した岡田綾子さん。

岡田さん:「名古屋に近く、田舎暮らしが出来るところが良いねと探していました。
名古屋から北上して場所を探していたのですが、恵那に入った途端に、空気が変わった気がしたんですよね。私が住んでる飯地町は、恵那のなかでもがっつり田舎暮らしが出来るところで、名古屋から1時間でこれだけの田舎っていうのはないなと感じています。」

岐阜ナイト小林さん
続いて登場したのは、白川村の小林美佳さんはお子さんと登場。長野県出身で、白川村に住む前は、東京で暮らし、旦那さんの転職を機に、家族で白川村へ移住しました。

小林さん:「合掌集落がある所は人が多いんですが、私が住んでいるのは周りに5,6件ぐらいしか家のない集落のなかにある村営住宅です。
当初は歩いて行っても人に会わず、欝々としていたのですが、だんだん友達が出来たり、近所の人がお茶や南瓜を煮たのを出してくれたり歓迎してくれて、繋がりが出来てからは楽しくなりました。子連れというのは、可愛がってもらえるポイントだったのかなと振り返って思います。」

8
名古屋から3年前に地域おこし協力隊として恵那市に来た須原由里加さん。(左から2人目)

須原さん:「世界の食糧問題に関わるボランティア団体にいたのですが、日本の食糧問題もやばいのではないかと視点が変わって、自分で食べるものぐらい自分で作れるような環境に住みたい、田舎暮らしがしたいと感じるようになりました。
群馬県で緑のふるさと協力隊というかたちで、1年間農家を周る仕事をしていて、群馬も大好きになったんですが、実家の名古屋から5時間かかる距離の問題もあり、名古屋に帰って。
ただ、田舎暮らしに対する憧れを諦められず、岐阜か三重で道を模索していた時に、恵那で地域おこし協力隊の募集があって、応募しました。」

 

|移住×恋愛・結婚 ・・・定住?

恵那・白川村移住女子4人が出揃い、トピックは「移住女子」から「恋愛・結婚」へ。

岐阜ナイト
白川村の小林さんは既婚者。既婚者だからこそ感じる「田舎あるある」があるようです。

小林さん:「私は結婚して子供を産んでから白川村へ行きましたが、もし結婚したてで行っていたら、『子どもは?』と聞かれていたのではないかと思いますね。
すぐ『どこで働いているの?』というように『住む=仕事』というのがあって、都会であれば隣の人がどこで働いているか知らないと思うんですけど、全部みんな知ってて、繋がっているという感じがあります。」

白川村の福田さんも、地域の様子を見て感じる部分があるようです。

福田さん:「白川村は、専業主婦が少ないと思います。お仕事を掛け持ちしている人が珍しくなくて、とても忙しい。
『夜は○○会の集まりがある』と、村で一緒に何かしたいという前向きな気持ちを持っていても動ける人がいないところはありますね。」

恵那の岡田さんは、飯地町の環境に惹かれて移住を決めましたが、「住み続ける」という点に関しては、考えるところがあるようです。

岡田さん:「飯地町にずっと住みたいと思って移住してきて、周りの自然環境も凄く良くて、目指した暮らしが出来ています。
ですが、田舎の人って森や自然が当たり前になっていて、価値を見出している人が少ないんですね。開発されてしまったり、変な施設を誘致して環境が壊されたりしたら住み続けることは考えてしまうかな。」

 

|移住×リノベーション

「白川村ナイト×岐阜ナイトin NAGOYA」も会が進み、トピックは「リノベーション」に。恵那市の串原地区では8年前から古民家のリフォーム塾が開催されおり、地域の空き家がどんどんと減っているのだそう。
岐阜ナイト 飯地町で暮らす岡田さんも、串原古民家リフォーム塾の出身で、飯地町でもリフォーム塾を始められました。

岡田さん:「今私たちが住んでいるのは、標高が600mの高原の町です。村の人は、天空の里、外からは恵那のチベットと言われています。
今年度から飯地町で串原で経験したリフォーム塾と、豊田が行っている千年持続学校を良いとこどりして、リフォーム塾を始めました。地元の大工さんや職人さんの指導を受けながら1年かけて空き家改修を行って、移住して入居する方も決まりました。」

白川村も空き家は20件ほどあるんだそう。すぐに住める空き家は3件ほどですが、下水がつく貴重な物件、温泉付きの物件など魅力的な物件が揃っています。

しかし、特別豪雪地帯でもある白川村で家を買っていきなり移住するのは難しいかもしれません。そんな方のために、お試し移住が出来るシェアハウスもオープンしています。

恵那・白川村、どちらも魅力的な人が集まり、新たな繋がりが生まれているようです。

 

13
 

今回の「白川村ナイト×岐阜ナイトin NAGOYA」は、以前のイベントと比較すると、緩やかな雰囲気の中、参加者が岐阜の食や人と繋がる姿が印象的でした。

日常生活を送るなかで地域と関わるきっかけは意外と少ないもの。「岐阜ナイト」も6回目の開催となりましたが、開催する毎に、新たな岐阜のファン、岐阜の担い手を生み出しています。

次回はどんな場所で、岐阜のどの地域が主役となって「岐阜ナイト」が行われるのか。

今後の「岐阜ナイト」も目が離せません。

 

***

今回のイベントレポート記事は、ライターのえぐちはるとさんにご協力いただきました。ありがとうございました!

eguchi
えぐちはると
三重大4年。93年6月生まれ三重県桑名市在住。インタビュー団体「Lien」や『マチノコト』、名古屋シティガイド『IDENTITY名古屋』など、いくつかの媒体で記事を書いています。

 

 


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

おへそストアー
お城のはなし
中山道BOOK
メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report