ホーム  >  おへレポ  >    >  【お出かけ】朝ドラ「半分、青い。」のロケ地恵那市岩村町のおすすめスポット5選

おへそレポート

【お出かけ】朝ドラ「半分、青い。」のロケ地恵那市岩村町のおすすめスポット5選

2018/04/02

2017_171112_0049
 

|4月2日スタート!「半分、青い。」のロケ地、岐阜県恵那市岩村町 

NHKの朝ドラ「半分、青い。」!
毎日見てるよ〜!という方も多いのではないでしょうか?

「半分、青い。」のヒロイン「鈴愛」の故郷である梟町の「ふくろう商店街」は、岐阜県恵那市岩村町の城下町が舞台。ドラマの設定に合わせて昭和レトロなオープンセットが組まれ、1970年代〜80年代の雰囲気が描かれています。

そんな岩村城下町は、江戸時代から続く古い町並みの景観を、全長1.3kmにも渡って残す人気上昇中の観光地なんです。

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、織田信長の叔母・おつやの方が日本で唯一女の城主として岩村城下を治めたことから「女城主の里」とも呼ばれています。

岩村城下町 そこで、「ふくろう商店街のロケ地、岩村城下町までのアクセス」「半分、青い。にも映っているかも?なおすすめスポット」を、おへマガ編集部が勝手に選んで紹介します!

 

|岩村城下町までのアクセス

 

岩村城下町は、車でも電車でもアクセスしやすい位置にあります。
車では、名古屋から1時間ほどで着く恵那ICから降りて20分。



電車では、名古屋駅からJRで1時間ほどの恵那駅で下車。
そこからローカル線の明知鉄道に乗車すると、30分で岩村に到着します。

そしてなんと!現在明知鉄道では「半分、青い。」のラッピング電車が1日に何本か運行しているんです。

半分、青い。列車 ▲写真:明知鉄道株式会社

いつ運行するかは前日まで分からないとのことなので、会えたらラッキー!かもしれませんね。

 

|おすすめスポット紹介

 

①五平餅のみはら

五平餅のみはら
ロケ地にきたら、必ず食べたいのが五平餅。
ドラマに出てくるモデルとなったお店です。ごまだれと、ねぎ味噌の2種類があります。

詳細:【お店】半分、青いの五平餅を食べるならここ!地元の人にも人気の「みはら」へ行ってきた!(恵那市岩村町)

住 所:岐阜県恵那市岩村町799-1
電 話:0573-43-2731
定休日:火曜日
営業時間:10時~18時


②岩村醸造


岩村醸造
200年この地でお酒を作り続ける酒屋。
人気のやや辛くて飲みやすい「女城主」のほか、昨年から新しく登場した甘酒ソフトクリームがオススメです。

20年前までは酒や米の運搬に使われていたというトロッコの線路に沿って、お店の中を見学するのも楽しいですよ!

住所:岐阜県恵那市岩村町342
TEL : 0573-43-2029
営業時間:9:00-17:00
web:岩村醸造

③うどん処みつば

IMG_9666_preview
築100年の古民家を改装したうどん家さん。

手打ちうどんや季節料理、100種類を超える焼酎がイチオシ。
ランチだけでなく、もつ鍋や味噌煮込みうどんも人気です。

住所:恵那市岩村町264
TEL:0573-43-5038
営業時間:11:00〜14:00/17:30〜

④かめや

kamiya-hanbunaoi
大きな型に流し込んで焼くのではなく、ひとつひとつを型に入れて焼く素朴でなつかしい「元祖カステーラ」を守り続けるお店。200年もの間、製法・技術ともに変わることなく、全国のカステラのルーツとして高い評価を受けています。

素敵な中庭が見えるカフェが併設されているので、ゆっくりとカステラを味わえますよ!

住所:恵那市岩村町291
TEL:0573-43-2208
営業時間:9:00〜18:00
詳細記事:カステラcafeカメヤ

⑤松浦軒本舗
IMG_1313
明治時代から続くカステラ屋さんです。
銅板造りの小釜にて風味をそのままに1本1本を念入りに焼き上げる、明治時代から変わらない製法で昔ながらの味を守り続けています。

住所:恵那市岩村町西町809-6
TEL:0573-43-2329
営業時間:8:30~18:00

⑥岩村城跡

岩村城 その昔、織田信長の叔母おつやが女城主を務めていたという岩村城。
現在は建物は残っていませんが、江戸諸藩の府城の中でも全国で最も高い標高717mに築城され、日本三大山城のひとつに数えられています。
詳細記事:二大城跡を訪ねて。圧巻の石垣!日本三大山城「岩村城跡」(岐阜県恵那市)

「半分、青い。」のロケ地からは少し離れていますが、城の麓にある城址公園から徒歩で登れば鈴愛の育った町の雰囲気を感じられること間違いなし!

以上、おへマガ編集部が勝手に選ぶ「半分、青い。」ロケ地オススメスポット特集でした!
聖地巡りに、お出かけしてみてはいかがでしょうか?

 

2018年6月追記!
【合わせていきたい!モデルになった?テレビでも紹介されたスポット】

1.ひかり食堂(恵那駅徒歩1分)

ひかり食堂

「半分、青い。」のつくし食堂食堂のモデルになった?!何度も取材を受けたとかとか。丼もの、定食、ナポリタンやオムライスなどの定番洋食など、なんでもそろうザ・昭和の食堂です!大好き!おいしい!夫婦のお二人だけで営んでいるので、混雑時は優しい気持ちで料理を待ってくださいね。

2.恵那峡遊覧船(恵那峡エリア)

enakyo

恵那のど定番観光スポット!巨岩を遊覧船に乗って楽しんでくださいませ〜!

 

ohemaga_supprt

Top Photo by Natsume Koike


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
Sorry:

- Instagram feed not found.
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2018 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report