ホーム  >  おへレポ  >    >  【郷土】大晦日にはなに食べる?年取りをして、年取りのおかずを食べるという文化。

おへそレポート

【郷土】大晦日にはなに食べる?年取りをして、年取りのおかずを食べるという文化。

2015/12/30

osechi2
 

大晦日には、何を食べますか?

1年の最後の日、大晦日。
みなさんの家庭ではどんな料理が食卓に並びますか?

恵那に移住した方と話していた時のこと。

「この辺の人って、年越しそばとか食べないんでしょ?驚いたよ〜。」

「え?うん!え?年取りのおかずとか、ブリとか、おせち食べるんじゃないの?」

「えー!おせちは元日から食べるよ!」

 

編集部そのはら(岐阜県中津川市)の家庭では、大晦日は「年取りのおかず」を食べ、「年取り」をするのが恒例。お正月よりも大晦日の料理の方が豪華!年越しそばを食べることはまずありません。

全国どこも「年取りのおかず」を食べるものだと思っていたので、結構なカルチャーショックを受けました。

各家庭で料理は様々ですが、恵那・中津川地域ではこういった家庭が多い様に思います。

小さな頃から当たり前なものとして育った「年取り」ですが、一体どんな意味があるのでしょう?

 

そもそも「年取り」って何?

旧暦では、日が沈めば1日が終わり、翌日がやってくると考えられていました。つまり大晦日の夕方、日暮れと共にその年は終わり、新しい年が始まります。

元旦がくるのが、今より少し早かったんですね。

また昔は、年齢の計算はお正月が規準。お正月がくると、みんながひとつ年をとることになります。

年神様(お正月の神様)を迎え、みんなでひとつ年を取る。家族揃って特別なごちそうを食べる行事のことを「年取り」、その時のごちそうを「年取りのおかず」と言ったようです。

門松や鏡餅の飾り付けが終わり、料理も整ったところで、家長を最初に順次入浴を住ませ、神仏に礼拝して席に着きました。
家長を上座にして家族全員が本膳の席に並びました。本膳には白飯と汁、大きなお椀には年とりのおかずが盛られ、茶碗蒸しが付き、御頭付きの魚か小鳥の糀漬が並び、数の子・なます・田作り・黒豆などが大皿に盛られ、一年のうち最大のごちそうでした。

 

安藤利道、暮らしに息づく人々の祈りー恵那の年中行事とそのいわれー、恵那市教育委員会、2007

 

 

年取りのおかずとは?

toshitori
 

地域に伝わる年取り料理のひとつに、「年取りのおかず」があります。

五升鍋とも呼ばれる大鍋に、煮干しでだしをとり、大根、ごぼう、里芋、にんじんなどの野菜、こんにゃく、豆腐、糸昆布といった7種類か9種類(奇数)の具材をみりんやしょう油などで煮た「煮しめ」のことです。

家の畑で採れる見なれた野菜を使う訳ですが、「今年もこんなにたくさんおいしいお野菜をありがとうございます。」と、年神様に差し上げる意味があったようです。

また、「今年は食い残すほどの食糧があった。来年もこんな年であってほしい。」と願って、あえて大鍋で煮たものでした。

三が日中は毎日火を入れて、副食として食べる家庭が多く、また各家庭によって、こきしょ煮、ごった煮、だいこざい、旨煮、煮しめ、おさいなどいろいろな名前で呼ばれています。

 

各家庭で代々受け継がれるものなので、これ!と言い切れるものではないのでしょうね。

こうして見ると、昔の人々が農を中心とした暮らしの中で、目に見えない自然の力を神として感謝し、おそれ、大切にしてきたことを実感します。

時代とともにライフスタイルが多様化する現代。私たちから見ると、こうした行事や言い伝えは、なかなか理解出来ないことも多いのかもしれません。

それでも昔から、一年に一度しかない大晦日。
1年の無事を感謝し、新年もまたよい年でありますようにと願いながら、家族で過ごしてみてはいかがでしょう?

 

 


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

おへそストアー
お城のはなし
中山道BOOK
メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report