ホーム  >  おへレポ  >    >  【郷土】節分は、玄関に○○を飾る?!鬼は~そと・・・の続きとは?

おへそレポート

【郷土】節分は、玄関に○○を飾る?!鬼は~そと・・・の続きとは?

2016/02/03

203
 

【豆まきだけでない、節分の儀式

今日は2月3日、節分ですね。みなさんは豆まきの準備はもうされましたか?

お父さんなどが鬼の役をして、「鬼は外、福は内」と言いながら豆を投げる、というのが一般的な節分の行事ですね。

節分は、もともと各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことをいい、「季節を分ける」ことを意味しています。
江戸時代以降からは「節分」といえば立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多く、それは旧暦の新年にあたるため、立春を重要視したのでしょう。つまりは節分は旧正月の名残なのですね。

そして、これが現在の節分の行事に伝わっています。
でも、実は豆まきだけが節分だけではないのです。

「恵方巻きでしょ?」

って恵方巻きは全国に広がったのはごく最近のことですので、このあたりに恵方巻きの伝統はありません。

地方によって差があるようですが、この東濃地域では節分にちょっとした決まりがあります。
それは・・・

 

【玄関に○○を置いてそこに○○を飾る】

ずばり、飾るのはイワシの頭としっぽ、そしてヒイラギ。

 

12647964_1545469259099394_477514865_n
 

イワシは焼くと煙がもうもうと出ます。その煙で邪気を払うと言われているそうです。
また、ヒイラギはトゲトゲしているので鬼を刺す、という意味と、ヒイラギを焼くとパチパチ音がするので鬼がびっくりして逃げるという意味があるそうです。

節分を旧正月の名残と考えると、中国では旧正月に爆竹を盛大に鳴らしますので、爆竹とヒイラギは同じような役割があるのではないでしょうか。

しかも、私の住んでいる地域ではさらに決まりがあって、目の粗い籠(かご)に、割り箸に刺したイワシの頭としっぽ、ヒイラギかあるいはアセビ(馬酔木)の枝を刺すのです。アセビの花には毒が含まれているので、鬼を退治する役割があります。

 

【なぜ籠にイワシとヒイラギを刺すの?】

なぜか。それにはちゃんとした理由があったのでした。

この籠+イワシ+ヒイラギあるいはアセビのセットは、鬼を追い払うためにありますね。
とにかく鬼を家の中に入れないような工夫がここに込められているのです。

まず、鬼がやってきたときに、玄関前で立ち止まり、なんと!籠の目を数え始めるらしいのです。
そうして鬼が気を取られているうちに、家人がヒイラギをかまどの火で燃やすとパチパチといって、鬼が驚いて退散する。

そこへ家中の者から豆の流れ弾が。

「鬼は外、福は内。鬼の眼ん玉、ぱっちりしょ(ぱっちりしろ)」

こんな掛け声をかけながら。つまり豆まきは鬼への目潰しだったわけですね。
ここまでされるとなんだか鬼がかわいそうになってきます。

それが終わると、今度は家族みんなで居間へ帰り、数え年分の豆をひとつかみして、食べる。

これで節分行事は終わりです。
しきたりがストーリー仕立てになっているのが興味深いところですね。

しかしなぜ鬼は籠の目を数えるのでしょうか?不思議です。まさかかぞえてんぐ・・・?

2.3ohemaga
 

まだまだこの地域には面白い文化が残っていますね。

是非みなさんもイワシとヒイラギを籠に刺してみてください。

 

 

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

ayami

名前   ayami

フェイスブック   https://www.facebook.com/farmroots/

ウェブサイト   http://livedoor.blogcms.jp/blog/farmroots/

2012年に横浜から恵那市へUターンしてきたおへそ仲間です。 登山や自然に関することと、お絵かきがすきな20代後半女子です。 2014年に1児の母になりました♪ FarmRootsという農家2年目でもあります。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report