ホーム  >  おへレポ  >    >  【お店】東濃地方初の「ハワイアン保護猫カフェ'Ohana」オープン!

おへそレポート

【お店】東濃地方初の「ハワイアン保護猫カフェ’Ohana」オープン!

2019/07/03

\東濃地方初の保護猫カフェが中津川市にできました!/

IMG_0017

三益球殿やラーメン岳の駐車場入り口に並ぶのぼりが目印。
その駐車場の奥にある日本家屋にて営まれるのが「ハワイアン保護猫カフェ’ohana」です。

IMG_0039

お店は前後に大きく2つに区切られ、手前がカフェスペース、奥が猫スペース。
猫スペースは入ってから最初の1時間が648円。以降30分ごとに324円のシステム(税込み)。

カフェスペースのみの利用であれば飲食代だけで利用でき、中央はガラスで仕切られているので「猫はさわった事ないけど興味があって…」という方でも入りやすい間取り。
また、この仕切りはクラフト作家さん向けのレンタルボックスにもなっています。

IMG_4925

カフェメニューはソフトドリンクやアイスクリームのほか、タピオカドリンク(種類が豊富!)やコナコーヒーがありました。
6月下旬からはランチ(11:00~14:00)が、7月からは平日に(週によっては土日も)ラテアートが始まりました。

IMG_4926

猫カフェは大抵の場合入る前に手洗いと手足の消毒があります。
お店によって多少順序は違いますが、ここは入店時に手洗いをし、猫スペースに入る時に手足の消毒。
靴下の着用も必須で(履いてきたものでOK)、もし裸足でも108円で販売中されています。
猫カフェに馴染みがない方には少し厳重に感じるかもしれませんが、猫は人間と比べると体が小さいので色んな抵抗力も実は弱いのです。
出入りする人が多い猫カフェだからこそ。

IMG_5808

猫スペース入り口にはボードにて猫さんたちが紹介されています。
スタッフの方が「この子は撫ぜられると喜びますよ」「こちらの子はあんまり触られるのは好きじゃないみたいで…」と教えてくれるので初めての方でも安心。
ただし、猫は1日の半分以上は寝て過ごします。
場合によっては「せっかく来たけどほどんど寝てる…」なんてことも。
そういう日は「今日は眺めて愛でる日」と思って楽しみましょう。

IMG_0030

下段にて「FIV」という見慣れない文字が見えますが、これは簡単にいえば「免疫が弱くなる病気」
その療養のため、他の部屋で休んでいる猫さんたちです。
ここ`ohanaは色んな事情で保護された猫による猫カフェ、いわゆる「保護猫カフェ」だからこそ

IMG_9951

だから’ohanaには怪我や病気、障がいをかかえていたり、元々は捨てられていた猫さんたちも集まっています。
例えば「モクちゃん」は生まれつき目が見えません。
…が、音や匂いで人に寄ってくるほどの人懐こさを持ち合わせています。
‘ohanaにも慣れたようで、高い場所にも一人で登れる。

KYES5510

FIVや猫風邪などでお休み中の猫さんは上の階で休んでいますが、その部屋も入れます。
(あくまで療養部屋なので見学のみ)
カフェスペースのみの利用であればこちらは時間料金なしで入れます。
↓は風邪でお休み中の方。
元気になったら猫スペースデビューするかも…?

IMG_5880

保護猫カフェは希望する方に里親になってもらうという目的もあり「猫が人に慣れる」という目標もあります。
店内のボードにもあるように、やさしさをもって接してみましょう…!
里親を希望する場合、引き取りたい!という猫さんと一定期間ご自宅で過ごしていただくなどのお試し期間や手続きが必要です。
ピンとくる子がいればスタッフの方まで。
もちろんFIVなどで療養中の子たちも里親になれます。

JPCZ5442

‘ohanaを運営するNPO法人命の応援隊は元々中津川市を中心にそうした猫たちの保護・譲渡活動を行っており、市内のイベントなどで里親を募る「お見合い会」も開催されていました。
そして2018年、以前からの構想であった保護猫による猫カフェを実現しようとクラウドファンディングを始め、目標金額の400万円を達成し今年の春に念願のオープン…となったのがこのハワイアン保護猫カフェ’ohanaなのです。

【地域】保護猫シェルター兼譲渡型ハワイアン猫カフェ「’Ohana」クラウドファンディング!
http://ohemaga.com/report/ohana
クラウドファンディング'oahana

お店の名前にもなっている「’ohana」はハワイの言葉で「血のつながり関係なく、広い意味で絆の深い家族的な存在」という意味。
その名前の通り、猫と人の縁を繋ぐ重要な場所が新たにできました。
まだまだメニューや営業時間などは試行錯誤中ですが、既にファンもぞくぞくと増えており、実際にここで里親になっている方もいるようです。
瑞浪にも別系列の保護猫カフェが6月下旬にオープンしており、人にも猫にもやさしい世界進んでいけたらなと思いました。

ハワイアン保護猫カフェ’ohana
営業時間 11:00~18:00 ランチ 11:00~14:00
猫スペース 平日は13:00~18:00 土日は11:00から
最初の1時間648円。以降30分ごとに324円(税込み)
※靴下の着用が必要。108円で販売もしています
定休日:月曜
年齢制限:なし
※室内の猫は全員譲渡可能。詳しくはスタッフの方まで。
(営業時間などは今後変更の可能性あり。↓のtwitterにて随時発信されます)
twitter(運営元「NPO法人命の応援隊」様のアカウント) https://twitter.com/npo_inotiouen


この記事を書いた人

しもじま

名前   しもじま まさき

フェイスブック   https://www.facebook.com/masaki.shimojima

ウェブサイト   https://instagram.com/masakishimojima

ツイッター   https://twitter.com/shimojiima

中津川出身。ちょっとだけ東京にもいました。好きなモノは多いけど、メインは音楽と読書と食べ物と文化。おヘマガさんでは、基本的にはお気に入りの、もしくは気になったお店やスポットを紹介していけたらなと思ってます。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2019 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report