ホーム  >  おへレポ  >    >  【農家のレシピ】手作りパンチェッタで春キャベツのポトフ

おへそレポート

【農家のレシピ】手作りパンチェッタで春キャベツのポトフ

2016/04/13

IMG_20160307_184259
 

【で、パンチェッタとはなんぞや】

突然ですがパンチェッタとは・・・・

パンチェッタイタリア語: Pancetta)とはバラ肉のこと。またそれが転じてイタリア料理に使う塩漬けした豚バラ肉も同様にパンチェッタと呼ばれる。後者は俗に生ベーコンとも呼ばれる。これをいぶしたものがベーコンである。

豚肉(特にバラ肉)の塊に荒塩をすり込み、1ヶ月以上熟成と乾燥をさせて仕上げる。燻製(くんせい)する場合もあり、パンチェッタ・アッフミカータ(Pancetta affumicata)と呼ぶ。

wikipediaより

======================

ベーコンの燻製してないようなものなんですが。これが使い勝手が良くて、私はいつも切らさないように作っています。

パンチェッタにタイム・ローズマリーなどのハーブをまぶしているのですが、そのハーブたちの一部は庭で獲れたものなんです。こうした自家製ハーブたちが乾燥保存されて、活用されているのは、田舎暮らしならではですよね。ああ、田舎暮らししていてよかったな~と感じる瞬間がここにあります。

ジャムや梅干しなど、保存できる食材はどんどん作って増やしていきたい今日この頃です。

みなさんもぜひ、ベーコンの代わりに手作りパンチェッタいかがでしょうか?

======================

【材料:4人分】

【作り方】
  1. パンチェッタを切ります。厚切りベーコンでもできます。角切りにしておきます。
  2. 圧力なべにオリーブオイルを入れ、パンチェッタを中火で炒める。
  3. キャベツ・玉ねぎ・ジャガイモ・にんじんを追加してさらに炒める。
  4. ローリエと水をかぶるかかぶらないかくらいに、鍋に入れたら、加圧する。
  5. 加圧のおもりが下がったら蓋を開けて、塩コショウで味を調え、最後にパセリを散らして完成!
=================

圧力なべでなくても、普通の鍋でできます。その際は2-30分煮てくださいね。ベーコンで代用された方は、一味足りないと思ったら鶏がらスープを入れるといいでしょう。

熟成され切ったパンチェッタからでる旨みは、想像をはるかに超えています。スープに甘い春キャベツと、パンチェッタの旨みが出て何倍もおかわりしちゃいそうなレシピなんですよ。

ぜひ作ってみてください!

参照:手作りパンチェッタで春キャベツのポトフ BY Farm Roots


パンチェッタのレシピはこちら→手作りパンチェッタ 自家製/冷製ベーコン BY Farm Roots

 

 


この記事を書いた人

ayami

名前   ayami

フェイスブック   https://www.facebook.com/farmroots/

ウェブサイト   http://livedoor.blogcms.jp/blog/farmroots/

2012年に横浜から恵那市へUターンしてきたおへそ仲間です。 登山や自然に関することと、お絵かきがすきな20代後半女子です。 2014年に1児の母になりました♪ FarmRootsという農家2年目でもあります。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report