ホーム  >  おへそ仲間の声  >  【行ってきた】鯨波 蔵祭り2019

おへそ仲間の声

【行ってきた】鯨波 蔵祭り2019

2019/08/19

中津川市の地酒の一つ、鯨波
その蔵元が中津川市福岡の恵那醸造。
石鹸などでもおなじみ花王の創業者、長瀬富郎の実家でもあります。

去年は創業200周年という事もあり、盛大なお祭りが開かれました。
201周年となる今年も引き続き「鯨波夏蔵祭り2019」と銘打ったお祭りがあったので行ってきました。

69336624_2871680262906479_4016239616595066880_n

シャトルバスや酒蔵の敷地内ということもあり、基本的には事前予約制です。
(去年は初のお祭りにかかわらず、新聞によれば150名ものお客さんが入ったそうです)

受付すると会場内で食べ物を買うための200円券、カップ、後述の利き酒用紙がもらえます。
200円券もカップのステッカーもデザインが秀逸。
(↓は去年の画像。左下に「弐百周年」とあるのに今年は「鯨波夏蔵祭」とわざわざそこだけ変えてくる凝りよう!)

39454619_2087721941302319_8486795990383198208_n

ちなみにこのカップの鯨が描かれた200周年記念Tシャツも店内にて販売されています

漬物や粕漬が無料なので、200円券使わないという手もなくはない…とはいえこんなの観たら食べたくなりますよね。
僕はきて2時間くらいで使い切りました。
それでも全部回れないし、200円券の追加購入もできるし、じゃあもうちょっと食べたいという気持ちとその分呑みたいという欲求が戦い、今回は後者が勝ってしまいました。
来年前者が勝てるかは自信がない。

IMG_0242

開場内にてふるまわれるいろんな鯨波。
純米吟醸もあれば夏ならではの「夏吟」も。
ちなみにこのお祭りに並ぶお酒は鯨波のみ。つまり日本酒のみ。
次々に人が並ぶけど次々に補充されるので最後まで呑めます。
こんなお祭りがあっていいのか…。笑

IMG_0252

ソフトドリンク類も用意はあります…が、ここは酒蔵。
仕込み水にも使われる湧き水も飲み放題。
お酒をたしなむのであれば、いわゆる「和らぎ水」としても適宜水分を摂りましょう。
その湧き水でトマトも冷やされてる。アヒルもいる。

IMG_0238

このお祭りの目玉の一つでもある「利き酒コーナー」
2つのテーブルに、銘柄を隠した5種類の鯨波が並びます。
片方には1番から5番、もう片方にはAからEまでの文字。
舌を頼りに、どの番号がどのアルファベットと同じ味かを当てるというもの。

ちょっと高い純米吟醸も並んでるはずなのにこうして並べられるとほとんど分からない。
片方のテーブルで「あ、これが一番辛い!」と思って隣へ確かめに行くと何故か分からない…あれ、さっきの本当に一番辛かった?と自問自答してしまう。

IMG_6271

後半は歌と盆踊り。
去年は中津川市が誇るカナディアンクラブが出演され、今年も…の予定でしたがご本人の他地域での予定が大雨で本日に延期した影響などもあり、急遽ピンチヒッター出演をしていただいた佐藤ひでゆきさん。
中津川市の六歳市でもおなじみの方です。
今回これなかったカナディアンクラブをカバーしてくれる心意気も見せてくれました…!

IMG_0255

最後は、日本の祭りといえばな盆踊り。
中津川の民謡から最近のパプリカ、さらには懐かしのJ-Popまで、ほとんどの方々が酔っ払いなのに本当に最後の最後まで盛り上がり、お祭りは終幕します。

IMG_0267

中津川市や恵那市では恵那醸造以外にも結構な数の酒蔵があり、蔵によっては試飲や蔵見学もできたりします。
飲み比べセットも売られてはいますが、実際に自分の足で現地に行ってみると思い入れも深まります。
酒蔵独自の建物+お酒を作る部屋や設備など、みどころ満載。現地ならではのお話もきけることも。
(※お酒を作る麹菌にダメージがでるので、見学前の納豆や漬物、ヨーグルトなどは控えましょう…!)

IMG_0264
鯨波 夏蔵祭り2019
場所:恵那醸造(15:20、16:00、16:30とシャトルバスあり。現地駐車場約10台)
参加費:3500円(ドライバーの方は2000円)
定員:170名
詳しくはhttp://www.kujiranami.jp/にて


この記事を書いた人

しもじま

名前   しもじま まさき

フェイスブック   https://www.facebook.com/masaki.shimojima

ウェブサイト   https://instagram.com/masakishimojima

ツイッター   https://twitter.com/shimojiima

中津川出身。ちょっとだけ東京にもいました。好きなモノは多いけど、メインは音楽と読書と食べ物と文化。おヘマガさんでは、基本的にはお気に入りの、もしくは気になったお店やスポットを紹介していけたらなと思ってます。


こんな記事も読まれています

関連記事はまだありません。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2019 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-voice