ホーム  >  おへそ仲間の声  >  お茶畑を復活させてマイお茶を作ろう

おへそ仲間の声

お茶畑を復活させてマイお茶を作ろう

2015/03/10

★荒れてしまったお茶畑を復活させてマイお茶作ろう計画★

3月14日 土曜日 10時から 第1回目 を開催します。

飯地のayakoです。
協力隊のブログ「飯地暮らし日記」でもご案内しているのですが、今週末の土曜日に飯地のお茶畑の手入れをやります。
お茶作りに興味のある方是非起こしいただけるとうれしいです。

飯地町はよく霧が発生し、朝晩の寒暖差も大きくお茶作りには適している気候のようです。昔はお茶を盛んに作っていたそうで、自分の家で収穫したお茶の葉を座敷に上げて乾燥させたり、揉んだりしていたそうです。

飯地の山水や井戸水は「長生きの水(飯地町民の自称ですが。。)」と言われ、そのお水で湯を沸かし、飯地で育ったお茶を淹れると最高にうまかったそうです。私も飯地育ちのお茶の葉をいただいて飲んでいますが、とっても甘くてまろやかで美味しい緑茶です。

とあるお宅のお茶畑は数年前までとても手入れがゆきとどいていて、美味しいお茶が採れたそうなのですが、お仕事などで手が回らず、今は少し荒れてしまっています。そんなお茶畑を手入れして、自分達でお茶を育ててみたいな!と思いこんな計画をたててみました。

普通は製茶工場にお願いするのですが、できれば手もみで緑茶や和紅茶なんかも作ってみたいなあと妄想は広がっています。

お茶畑 飯地

ご指導してくださるのは飯地でずっとお茶を育ててみえる元学校の先生です。
まずは上の写真の通り覆い被さったわらびの枯れ葉やつるをカットします。
そのあと足下に肥料をまきます。持ち主の方は、足下にイチゴの苗を植えて春にイチゴ狩りをしてもいいな!と言っていました。

お茶畑 飯地

斜面に沿ってお茶畑があり、上まで登ると見晴らしが良くて気持ちいいですよ!
週末のご都合着く方は是非飯地まで遊びにきてくださいね!

★荒れてしまったお茶畑を復活させてマイお茶作ろう計画★

3月14日 土曜日 10時〜16時頃まで

集合:9時45分 飯地振興事務所 (恵那市飯地町68−1)

持ち物:汚れても良い服装、軍手、草刈り鎌(あれば)、草刈り機(できる人のみ)、長靴

    お昼1品持ち寄り(できる人のみ)

参加費:今回は無料です 今後、製茶の費用などは相談させてください

※第二回目以降の日程はまだ未定です。今回作業をしてみてその進捗に応じて次の作業日が決まります。

お昼ごはんの準備の都合があるので、ご参加いただける方は12日(木)中に下記までご連絡お願いします。

申し込み先:ふるさと活性化協力隊 岡田 080-2659-0052 iiji.kyoryokutai@gmail.com


この記事を書いた人

ayako

名前   ayako

フェイスブック   https://www.facebook.com/ayako.okada.543

ウェブサイト   http://iiji55.exblog.jp

名古屋から恵那市飯地町に移住してきました。 2014年度から「恵那市ふるさと活性化協力隊」として活動しています。 主人と犬一匹でいなか暮らしを満喫しています。


こんな記事も読まれています

関連記事はまだありません。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 080-3475-4350

© 2020 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-voice