ホーム  >  おへそ仲間の声  >  【行ってきた】「土の城」入門編。前田砦と大船神社 (恵那市上矢作)

おへそ仲間の声

【行ってきた】「土の城」入門編。前田砦と大船神社 (恵那市上矢作)

2000/09/09

恵那市上矢作。
徒歩で大船神社へ向かう途上には「前田砦」址があります。
歩き出して十数分後に見える「←城山稲荷 大船神社→」の看板辺りからが「前田砦」の端っこになります。

IMG_5122

石垣などはないのであまり注目はされませんが、個人的に「中津川、恵那で苗木城、岩村城、明知城行ったら次はここかな」と言ってもいいくらい「土の城入門編」として最適な砦跡。
(土の城=超ざっくり書くと苗木城、岩村城のような「石垣を積んだ城」よりも前の時代にできた城。織田信長が活躍し出した頃くらいから今イメージされるような石垣が使われるようになりました)
山城好きにとっては定番の本の1つ「岐阜の山城ベスト50を歩く」などにも載っています。

画像は国土地理院の地図より。
中央の「中島」という文字の右当たりから尾根と呼ばれる細長い地形に沿って高さを表す「568」という数字の辺りまで、約200メートルほどの直径で造られています。

img20190727093529626 (1)

↓は「余湖くんのお城のページ」より。
細長い地形のため、端(画面下側)から攻めせくる敵を想定して「これでもか!」というほどの堀(大きな溝)と各スペースの高低差で厳重に防御しています。

zendattyo

「前田砦のここが凄い」
その1. 堀が派手
「堀」は日本各地の土の城、それ以降の石垣のあるお城にもあります。
実はここはトップクラスの規模。

真ん中にいるライターしもじまは身長が175cmくらいなので、5m近くのV字の溝で隔たっています。
戦国時代なので重機はなく、当然手作業で掘り下げてる。
例えば左側から右方向へ敵が攻めてきた場合、どうしてもVの字の底へ下りねばなりません。
右側で守ってる側から見たら弓矢や槍の格好の餌食です。

HEYF5286

その2. 区画の分かりやすさとダイナミックさ。
山城はその名の通り山の中に造られます。
元の地形を生かしたり山を削って建物などのスペースを確保したり、時には敵が登れないよう高低差も付けます。

それがこれでもかというほど分かりやすく、ダイナミック。
崖状に掘り下げ、さらに上も下も建物が建てられるよう平地にされています。
もちろん当時は手作業…。
写真上部にいる人とその下段の高低差は、実際行ってみると写真とは違う凄さがあります。

IMG_5142

(ちなみに信長の時代にこういった壁を崩れないよう補強しよう!としてできたのが苗木城や岩村城にみられる石垣です。前田砦の頃も信長はいたけど、まだ石垣はそこまで普及してなかった)

この高低差やV字の堀がずっと続きます。

前田砦があった戦国時代、南側に面した道路は武田信玄の縄張りであった飯田から岐阜、岩村城をも結ぶ主要な道でした。
その境目にある重要な地点だからこそ結果的にやりすぎなくらい手の込んだ凹凸が造られたのかもしれません。

その3. 行き届いた整備
土の城・砦址は正直メジャーなお城と比べるとは知名度も少なく、ちょっとコアな場所に行くと整備の難しい事が多いです。
春から秋(つまり冬以外)は草木をかきわけて行くような場所も多々…。
同じ中津川市の阿木城のように綺麗に整備されて行きやすいところは本当に珍しい。
それがここではお城ではなく砦址なのに、1年中歩けるくらい整備されています。

この先にある城山稲荷や大船神社へのルートでもあるとはいえ、それだけなら立ち入らない砦址の内側までいつきても綺麗。

IMG_5140

また、この山は国内でも貴重な4kmにもおよぶ杉並木や大船神社、弁慶杉、13基の大風車など、その気になれば丸1日使い切れるほどのみどころが満載です。
(※弁慶杉は2019年現在、大雨で破損してしまい立ち入り禁止になっています)

IMG_0273

前田砦
住所 恵那市上矢作本郷(駐車場無し。八幡神社裏手から道があります)


この記事を書いた人

しもじま

名前   しもじま まさき

フェイスブック   https://www.facebook.com/masaki.shimojima

ウェブサイト   https://instagram.com/masakishimojima

ツイッター   https://twitter.com/shimojiima

中津川出身。ちょっとだけ東京にもいました。好きなモノは多いけど、メインは音楽と読書と食べ物と文化。おヘマガさんでは、基本的にはお気に入りの、もしくは気になったお店やスポットを紹介していけたらなと思ってます。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2019 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-voice