ホーム  >  おへレポ  >    >  【お出かけ】恵那峡遊覧船に乗ってみたら予想外におもしろかった件。

おへそレポート

【お出かけ】恵那峡遊覧船に乗ってみたら予想外におもしろかった件。

2016/02/23

enakyo
 

自然豊かな恵那市の定番観光スポットといえば・・・やっぱり『恵那峡』!
四季折々の自然や、巨岩・奇岩を間近で見ることができる恵那峡遊覧船が人気で、年間50万人もの観光客が訪れています。

「自分が暮らす地域のTHE・観光地へお出かけする機会って、なかなかないよね。」
「恵那と言えば“恵那峡”ってよく聞くけど、花火の時だけしか行ったことない!」

ということで、おへマガ編集部に出入りする櫻井くん(35歳・男)と共に、恵那のスーパースポット恵那峡へ行って、遊覧船に乗ってきました!

恵那峡って??
恵那峡は、大正24年に木曽川をせき止めた大井ダムの建設でできた人口湖です。
ダムは福沢諭吉の娘婿「福沢桃介」が手がけました。

大井ダム
(稼ぐ稼ぐ!キレッキレの毒舌イケメン億万長者だったようですね。)
NAVERまとめ:福沢諭吉の義息子「日本の電力王」福沢桃介の稼ぎ方がハンパじゃなかった!


 

観光地レポ!恵那峡へ行ってきたよ


恵那峡の自然美や大きな岩を見るには、遊覧船でのクルージングが外せません!

恵那峡についたら無料の駐車場に車をとめ、歩いて乗り場へ向かいます。

 


徒歩1分ほど。下り坂ですぐに到着します。

遊覧船乗り場
 

▼30分に一本間隔で運行しているよう。

遊覧船料金
大人の乗船料金は大人ひとり1,280円。団体割引もあります。

▼乗車時間になると、船長さんが船へ案内してくれます。

恵那峡遊覧船
結構お客さんがいる!

遊覧船
いざ、乗船!

yuuransen8
50人くらい乗れるようです。
続々とお客さんが乗り込んできます。

遊覧船
空も見えて開放的!(窓は開きません。残念・・・)

yuransen15
約30分のクルージンングへ出発です。行ってきまーす!

 

船内では恵那峡の成り立ち、岩についてのアナウンスが流れています。

恵那峡
うおー岩でかい!!!

ここら辺でテンションが上がってくる櫻井くん。

自然の岩というから驚き。

岩にはそれぞれ名前がついていて、これもアナウンスしてくれます。

遊覧船
なんでこんな形になった?みたいなものもたくさんあって、自然の造形物に興味がある人はおもしろいかもしれませんね〜

「おお!すごい!」

「いやいや無理矢理すぎるでしょ〜」

っていうものまで、いろいろあります。

遊覧船
冬には渡り鳥がやってきます。

「鳥めっちゃいる!!!おい!可愛いな!」

再度テンションが上がる櫻井くん。

水鳥
「水鳥カワイイ!!!」

なんだか癒されました。

恵那峡に来る鳥たちは遊覧船に慣れていて、近くに寄っても大丈夫なんだそう。船内アナウンスにかぶせて、船長さんによる鳥の話が続きます。

きっと船長さんは水鳥が大好きに違いありません。

(この辺りで恵那峡音頭という音楽が流れてきて、途中で眠くなってしまいました。)

遊覧船
今年は渡り鳥の飛来が例年より早く、数は少ないそうですが、春先まで楽しめるそうですよ!

岩や景色より、水鳥にテンションがあがりました!!

 

|恵那峡遊覧船

住 所:岐阜県恵那市大井町奥戸2709-104
電 話:0573-25-4800 (恵那峡遊覧船(東鉄商事(株)))
定 休:年中無休
料 金:大人1,280円/小人(小学生)640円/団体割引有(団体の場合は要予約)

WEB:恵那峡遊覧船

 

遊覧船
 

 

 


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report