ホーム  >  おへレポ  >    >  【農家のレシピ】つるむらさきと茗荷の梅和え

おへそレポート

【農家のレシピ】つるむらさきと茗荷の梅和え

2016/11/01

img_20161027_183816

【農家がつるむらさきにハマった】


こんにちは!FarmRootsの佐藤です。

 

つるむらさきって食べたことありますか?
つるむらさきはつるむらさき科の野菜で、ホウレンソウと並ぶ緑黄色野菜のひとつです。非常に高い栄養価で知られており、カルシウム・マグネシウム・カロテン・ムチンなどが豊富です。

ムチンはネバネバのもととなる栄養素です。ですのでこのつるむらさき、茹でると少しネバネバします。
味は、ホウレンソウを濃くしたような味でスイスチャードとすごくよく似ています。

最初はこの味の濃さが苦手でもあったのですが、とある日ポン酢とゴマ油と合わせてみたところ、これが旨い旨い!ごはんもすすむし最高の副菜です。我が家でも何度も食卓に並びました。今年試しに栽培してみて、大好きになりました。

あまりスーパーに並んでいませんが、見つけたらぜひ試してほしい野菜のひとつです。

====================

【材料】(4人分)

つるむらさき 200g
みょうが 2個
ちくわ 1本
梅 1個
ポン酢 大さじ2
すりごま 少々
【作り方】
  1. つるむらさきは茹でてみずにさらしておく。
    みょうがは千切り、ちくわは小口切りに。
  2. 叩いた梅とポン酢、1を和え、皿に盛ったらすりごまをぱらり。

    ====================
どうです?簡単でしょう?
1皿欲しいなあと思ったときにパッとできる料理でもあります。ぜひお試しあれ。

参考:つるむらさきと茗荷の梅和え BY Farm Roots

 


この記事を書いた人

ayami

名前   ayami

フェイスブック   https://www.facebook.com/farmroots/

ウェブサイト   http://livedoor.blogcms.jp/blog/farmroots/

2012年に横浜から恵那市へUターンしてきたおへそ仲間です。 登山や自然に関することと、お絵かきがすきな20代後半女子です。 2014年に1児の母になりました♪ FarmRootsという農家2年目でもあります。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report