ホーム  >  おへレポ  >    >  【ギフト】恵那山麓の“おいしい”夏ギフト「山岡の糸寒天から作るところ天セット」ができたよ

おへそレポート

【ギフト】恵那山麓の“おいしい”夏ギフト「山岡の糸寒天から作るところ天セット」ができたよ

2016/07/22

ところ天セット
 

岐阜・恵那山麓で育まれてきた食や手しごと。
自然の恵みを、作り手の想いと共にお届けするおへマガの通販サイトおへそストアーを始めました!

 

|涼!恵那山麓の“おいしい”夏ギフト

夏本番!毎日、暑い日が続いていますね。
冷たくてさっぱりした物がどうしても恋しくなる季節、見た目にも涼しいこんな贈り物はいかがでしょう?

細寒天の名産地・岐阜県恵那市山岡町の寒天で、自宅でところてん作りを体験できる「山岡の糸寒天でつくるところ天セット」を7月15日に新発売しました。

ところ天セット
 

恵那市山岡町は、細寒天の全国シェア8割を誇る“寒天の里”。

『せっかくだから、恵那を紹介できたり、誰かに贈りたくなるギフトが出来るといいよね!』との思いから、この商品が誕生しました。小分けの糸寒天と、ところてんにぴったりな三杯酢、国産ひのきの突き出し棒、固めるための専用容器がセットになっています。

寒天ところ天セット
▲価格は3,000円(税・送料込)https://ohemaga.stores.jp/


 

寒天を煮溶かして冷やし固め、付属の突き出し棒で突くと出来たてのところ天を味わえます。ツルッとした舌触りとハリのある食感は、自分でつくるからこそのもの!寒天から作るところ天は匂いがないので、”磯の香りが苦手”という方にもオススメです。

手間をかけて手作りする工程や、誰かと一緒に作る時間、自分で突き出す体験。そのひとつひとつを、家族やお友達と楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

▼昔から夏の風物詩として愛されてきたところてん。ポップなイラストにしてみたよ

ところ天セット
イラスト:良雪 デザイン:ゼロワンカンパニー

 

暑い夏には、ツルッといくらでも食べられそう!
恵那を紹介する贈りものとして、お中元や帰省の手土産にもぴったりです。涼を届けましょう〜!

価 格:3,000円(税・送料込)
内容量:細寒天3g(4食分)×8袋 / 三杯酢 500ml /突き出し棒 /専用容器(350ml)/ところ天の作り方説明書

 


 

 

 

|ところてんと寒天のお話。

ところてんと寒天。ふたつとも原料は同じで、天草(テングサ)という海藻から作られています。

 

ところてんと寒天
 

天草を煮て、煮汁を固めて突き出すと、ところてんができます。(海のミネラルたっぷり)
これを乾燥・凍結を繰り返し水分を蒸発させると寒天になります。(食物繊維たっぷり)

「山岡の糸寒天からつくるところ天」は、ところてんから出来た寒天を、またところてんにして食べるもの。クセがなく、食物繊維をたくさん摂取できるのが特長です。

 

|気候風土を活かした寒天づくり

恵那市山岡町は、細寒天の生産量日本一の町。稲刈りが終わって初霜が降りる初冬、この町にはまるで漁村のような磯の香りが立ちこめ、田んぼ一面に白い寒天のじゅうたんが広がります。

山岡寒天
 

海のない岐阜県の山奥で製造が行われるようになったのは、昭和初期の頃。雪はそれほど降らず、夜間の冷え込みが激しくて昼間はカラッと晴れる。そんな山岡町の気候風土が、おいしい寒天作りに適していたのが理由のひとつだそう。

山岡寒天
▲夜の寒さでところ天が凍り、昼の暖かさで水分が溶けて落ちる、これを何日も繰り返してようやく細寒天に。

 

oishiikazoku
▲家族で寒天を製造するおいしい有限会社のみなさん

自然の寒暖を生かし、12月〜2月の期間に伝統的な製法で作られたものだけをセットに入れてお届けします!

 

 

|老舗醸造がつくる、ところ天専用の三杯酢

酢醤油、黒蜜、三杯酢、ダシ汁…
みなさんの地域では何をかけて食べますか?

恵那では三杯酢が一般的。ところ天に良く合うものを、明智町のマルコ醸造さんがこのセットのために開発してくれました。

明智町で100年以上続くマルコ醸造は、天然醸造・手作りにこだわり、味噌、醤油、漬物、麹などを製造している老舗。麹づくり、仕込みなどは全て手作業で行っていて、昔ながらの伝統製法を今も受け継いでいます。木で作った箱(ロジブタ)で麹を製造している味噌工場は、地域でここのみ。最後の一軒となりました。

maruko
 

試作を繰り返して出来たというこだわりの三杯酢は、岐阜県産の1年半寝かせた長熟しょうゆに、酢と砂糖を混ぜて熟成させています。酢のすっきとした酸味がしょうゆのうま味を引き立たて、暑い夏にはぴったり!三杯酢で食べたことがない人も、ぜひ一度試してみてほしい旨さです。

 

★★★

お電話での注文や問い合わせも承っています。
岐阜県東濃エリアの郵便局(ふるさと小包)にて購入も可能です。
問い合わせ先:0573-22-9211(NPO法人えなここ)

 

 

 

 


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

おへそストアー
お城のはなし
中山道BOOK
メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report