ホーム  >  おへレポ  >    >  【編集部】100人以上が参加した「岐阜ナイトinTOKYO」レポーーウェブメディア・マチノコトに掲載いただいています!

おへそレポート

【編集部】100人以上が参加した「岐阜ナイトinTOKYO」レポーーウェブメディア・マチノコトに掲載いただいています!

2015/09/29

岐阜ナイト
 

日本各地から多くの人々が移住し、働く「東京」。
「岐阜」をキーワードに集い、岐阜県内各地の魅力を人や食から触れることが出来るイベント「岐阜ナイト in Tokyo」を9月11日開催しました。

当日の詳しいレポは、「つなぐ、つくる、つたえる」をテーマにコミュニティデザインにまつわることを紹介するウェブメディア・マチノコトに掲載いただいています。

東京で地域の人が集まることで生まれる価値ーー100人以上が参加した「岐阜ナイト in Tokyo」

(ライター:えぐちはると)

マチノコト
 

岐阜出身者や、岐阜に縁がある人が集まって繋がれる場をつくれるいいよね。
恵那のこと、岐阜の今を伝えられるといいよね。

そんな思いではじめた「岐阜ナイト」。

定員100人。まさか本当に100人集まるとは思っていなかったのが正直なところ。
岐阜県出身者が半分、岐阜に何らか形で接点がある人がこれだけ集まって、「東京」で「岐阜」に出会う。そんな場を、多くの方と共有できたこと、とても嬉しく思っています。

 

====================

食材をご提供いただいた企業・農家のみなさま、誠にありがとうございました。
以下、紹介させていただきます。

岩村醸造/日本酒・女城主
恵那川上屋/栗きんとん
ちこり村/ちこり焼酎、ちこり、岐阜まるしぼり野菜ジュース、おつまみ発芽えだまめ
雅園芸/イタリア野菜

====================

 

当日の様子を抜粋してお届けしますね!

IMG_2402
 

「東京で岐阜ナイトを開催するにあたって、“移住”をキーワードに行う予定だったんです。でも、それって正直ハードル高いよね、もっと岐阜について知る機会や、移住以外の新たな関わり方が生まれればと、多くの人数でいろんな人と、お酒を飲めたらと構成を考えていきました。
前半は恵那市、郡上市のトークゲストから恵那や郡上の最近、今をご紹介し、その後皆さんでお酒や料理をわいわいと楽しみながら、『岐阜ナイト』で出来た繋がりを起点に、岐阜を訪れたり、移住について考えたりするきっかけを提供出来ればと思います。」

岐阜ナイト
 

編集部・園原は、どうしてUターンし地域と関わるようになったのか、おへマガについて、今の恵那のおもしろい取り組みなどをお話しさせていただきました。

園原
 

園原:「恵那で活動を始める前は『岐阜って何もないじゃん』と思っていました。とにかく地元を出たいと考え、20歳で京都に出て、仕事をして、アジアを放浪して、ありがちな「自分のやりたいことってなんだろう」という状態に陥り、地元へ戻りました。
この3年間、いろんな人と出会い、さまざまなことをしながら動いてきましたが、知れば知るほど地域って面白いなと実感しています。
恵那には、暮らしや生き方を楽しんでいる人、楽しみ方をしっている人、楽しむために作り出す人が多いなって思う。そういう意味で、クリエイティブな人が多いなって。
そんな人たちが凄く好きだから、私自身岐阜で活動を行っているんだと思います。
恵那は自然も人も豊かで、初めて訪れても『ふるさとだ』と思える地域。いつでも遊びに来てくださいね。」

 

ゲストスピーカーとしてお越しいただいたふるさと郡上会の小林謙一さん。

小林
 

埼玉県出身、小学校、中学校は栃木県で育ち、高校生から千葉市、20歳からは東京で映像制作の会社に勤めていた小林さん。ライフスタイルを見直そうと、40歳で仕事を辞め、岐阜県美濃市にある『岐阜県立森林文化アカデミー』への入学をきっかけに、東京から岐阜県に移住されました。

現在は「ふるさと郡上会」において「交流」や「体験」の機会を提供し、郡上市交流・移住推進協議会で移住を促進する活動も行っています。

小林さん:「美濃に移住する中なかで、『地域』という視点が生まれ、郡上の移住促進の活動を行っている人とお会いし、初めて郡上に来ました。岐阜県の中央にある郡上市は、『郡上踊り』という伝統的な文化があり、ラフティングやスキーが楽しめる川や雪といった自然資源に恵まれ、風景も綺麗。郡上の凄さはやはり水だと感じますね。そして何より人が温かい。今日のイベントで、美味しいご飯を食べて興味を持ってきた人が、地元の人とお話をしながらお酒が飲める楽しい場所をたくさん用意してお待ちしています。」

 

企画&コーディネーターとしてご協力いただいた五井淵利明さん。

五井渕
 

五井淵さんは、東京生まれの東京育ち。岐阜県恵那市での「恵那”心の合併”Project」による映画「ふるさとがえり」の製作に関わったことがきっかけで岐阜に関わるようになり、公務員を辞め、現在は映画制作会社やコミュニティづくりのNPOなど複数の会社でフリーランスとして働いています。

五井渕さん:「『ふるさとがえり』という映画を2010年にクランクインロケして、2011年から映画館では上映せずに『ふるさとの事を考えたい』、『地域で何が大事か見つけたい』、『語り合いたい』と上映会を企画したい人のところで上映しており、現在、47都道府県で1200回ぐらい上映会を行いつつ、自分の仕事にしています。
この映画は、『ふるさとがえり』と言う名前ですが、『ふるさとに帰りましょう』というテーマを持った映画ではないんです。映画を見た人に対して何を大事にして生きていきたいのか、どこで暮らしていきたいのか問いかける映画なんですね。
今日も、出身地域の人もいれば、自分が生まれ育ったところではないところに暮らしたい、移住したいという人が混ざり合い、盛り上がるなかで暮らしや生き方について共有し、今日をきっかけに岐阜をテーマに繋がっていってほしいなと思います。」

 

IMG_2485
 

岐阜県で活動を行う3人のトークが終わった後は、岐阜県の食を味わいながら、集まった人々との交流を楽しむ『交流タイム』。

その間にも、次々と岐阜の活動が続きます。

IMG_2473
恵那暮らしサポートセンター」で移住相談などを請け負う、地域おこし協力隊の須原由里加さん。

 

ohashi
大垣の大橋量器さん。地場産業×テクノロジーをテーマに新商品開発に取り組んだ「光升(ひかります)」が登場!

 

明知鉄道
岐阜県恵那市に本社を置く「明知鉄道」の観光大使、小倉沙耶さん。

 

IMG_2515
郡上で猟師育成や、里山保全などの活動を行う若者猟師チーム「猪鹿庁」さん。

 

IMG_2519
長良川流域で古くから育まれてきた食文化を、作り手の思いと共に届ける「長良川デパート」さん。長良川おんぱくも開催中!

 

IMG_2521
 

精力的に活動を行う岐阜の人からの発信から、さらなる岐阜の魅力を感じ取っていただけたのではないでしょうか。

集った人々が生んだ緩やかでありながら確かな繋がりが、今後どのように活かされていくのか楽しみです。

岐阜ナイト
 

今後は、京都、名古屋で開催予定です。
また12月には「アラサー」をキーワードに岐阜県で集う場も企画中です!

みなさま、ありがとうございました!またお会いしましょう!

 

***

岐阜ナイトinTOKYO当日のレポ、マチノコトの記事は、ライターのえぐちはるとさんにご協力いただきました。ありがとうございました!

eguchi
 

えぐちはると

三重大4年。93年6月生まれ三重県桑名市在住。インタビュー団体「Lien」や『マチノコト』、名古屋シティガイド『IDENTITY名古屋』など、いくつかの媒体で記事を書いています。


この記事を書いた人

おへマガ編集部

名前   おへマガ編集部

おへマガ編集部のえなここです。岐阜県恵那市・中津川市出身&在住の女子。おいしくてカワイイものが好き!

おへそストアー
お城のはなし
中山道BOOK
メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report