ホーム  >  おへレポ  >    >  【地域】恵那の古民家コワーキングスペースを1日利用してみた

おへそレポート

【地域】恵那の古民家コワーキングスペースを1日利用してみた

2017/03/09

【おへマガ編集部のある樫舎(かしや)にはコワーキングスペースがあるよ!】

kashiya-img6
 

こんにちは。おへマガ編集部のAyamiです。
今日はおへマガ編集部のある古民家リフォーム事務所・樫舎のなかにある恵那市唯一の「コワーキングスペース」についてご紹介したいと思います。

【コワーキングスペースって?】

コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。<通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家フリーランス、出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つことが多い。
***
コワーキングが行われる環境(「コワーキングスペース」と呼ばれることもある)はシェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、実務を行う場所が個室ではなく図書館のようなオープンスペースとなっている。また、すべてのスペースを共有したり、イベントを行ったりといった試みを通して参加者同士のコミュニティ育成を重要視する傾向が強いことも大きな違いのひとつである。(Wilipediaより抜粋)

 

ですのでコワーキングスペースとは、出入り自由な仕事場なのです。

樫舎の事務所の一部(1Fコミュニケーションスペース、2Fシェアスペース、3Fワークスペース)は共有スペースになっていて、Wi-Fi、電源が自由に使えて資料やプリンタなども揃っています。これならPCワークスペースや会議室としても使えますね!もちろん、受験勉強などにも使えます。

実際の見取り図はこちら。

1f 2f
3f
 

【実際にPCワークを樫舎でしてみた】

私は普段家でPCワークをしていますが、家にいるとどうしても他にやらなければならない資料が目についてしまったり、宅配が来たりで日によってはなかなか集中できません。そこで樫舎に行って気分転換してみよう!と思い立ったわけです。

さて、樫舎に9:30に到着。
スタッフに声をかけて、Wi-Fiや湯沸かし器など設備の説明を聞きます。
今回は延長コードを貸していただき、持参したボトルに紅茶を入れて、
仕事スタートは9:40。
たまたま他に人がいなかったので、今回は1Fのコミュニケーションスペースを使いました。

【1Fコミュニケーションスペース】

古民家のレトロ感と、そこかしこに散りばめられた東濃ならではのプロダクトがあいまって、オシャレで快適な空間です。
PC以外にごちゃごちゃしたものがないので、とっても集中できます。
ちなみにこの隣にNPO法人えなここ(おへマガ編集部)の事務所があり、そこにWi-Fiで飛ばせるプリンタなどがありますので、使う際はお声がけを。

kashiya-1 kashiya-4
 

では、ちょっと2Fと3Fを覗いてみましょう。

上の階に上がる踊り場にはこんな可愛いものたちが。

kashiya-step
 

【2Fシェアスペース】

2Fは実質1.5Fという感じで、3Fへ行く途中にあります。天井が低めなところにちゃぶ台が置いてあります。こじんまりしていて和風でとっても落ち着く空間ですね。
腰を据えて会議したり、ブレインストーミングするのに良いスペースです。

kashiya-2
 

【3Fワークスペース】

kashiya-3
 

さて、3Fはワークスペース。デスクが7台ほど並んでいます。天窓があって、日が差し込み非常に明るい雰囲気です。電源もしっかりありますし、椅子もオフィス用でこれは本当にがっつりとしたオフィス‼デスクライトなどもあります。

kashiya-sofa
 

う~ん、午前中に頑張りすぎて眠い…仮眠しよう。

そんなときも3Fにはベッドのようなソファーが備え付けられているので、ゆったりと休んで回復してみてはいかが?

kashiya-hinokino
 

ちなみにこのデスク、ご存知でしょうか。東濃ヒノキを使った組み立て式家具シリーズhinokinoの、デスクとワゴンです。無垢の木目がカッコいい!3Fに置いてあるので見てみては。

【樫舎を使った感想は?】

結論を言うとかなり捗ったし、良かったです。
実は私はコワーキングスペースを利用したのは初めてでした。でも樫舎のスタッフさん方も温かく迎えてくれ、不安なく仕事をすることが出来ました。
家で毎日PCワークをするのは、物理的・心理的ノイズがあって辛いなあと思っていたのですが、今回利用してみて、自分とPCしかないという状況を作り出すとやはり集中できるな~と確信しました。

実はカフェなども仕事場として検討していたのですが、残念ながら電源とWi-Fiの両方完備しているカフェが恵那市に無かったのと、あったとしても店員さんの目に耐えつつコーヒー1杯で5-6時間仕事と続ける勇気がなかったので、コワーキングスペースはかなり有用でした!

これから田舎にもノマドワーカーがどんどん増えてくることだろうと思います。
樫舎を拠点に恵那・中津川のノマド生活者が増え面白い人たちが集まり、相乗効果が生まれて、より大きなムーブメントになっていくのではないでしょうか。

================

樫舎

ご利用の前に一度お問い合わせください。

所在地: 岐阜県恵那市東野172
営業日:平日
定休日:土日、祝日、年末年始
営業時間:9:30~18:00(応相談)
利用料金:半日(4時間以内)500円・1日(4時間以上) 1,000円
※月額会員については別途お問い合わせください。
主な設備:Wi-Fi、電源、資料、プリンタ(有料)、湯沸かし器(インスタントコーヒーなどがあります)

予約・お問い合わせ:NPO法人えなここ TEL:0573-22-9211   Email: info@enakoko.com



 


この記事を書いた人

ayami

名前   ayami

フェイスブック   https://www.facebook.com/farmroots/

ウェブサイト   http://livedoor.blogcms.jp/blog/farmroots/

2012年に横浜から恵那市へUターンしてきたおへそ仲間です。 登山や自然に関することと、お絵かきがすきな20代後半女子です。 2014年に1児の母になりました♪ FarmRootsという農家2年目でもあります。


こんな記事も読まれています

関連記事はまだありません。

おへそストアー
お城のはなし
中山道BOOK
メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report