ホーム  >  おへレポ  >    >  【お祭り】阿木の里のひなまつり・つるしかざりに行ってきました

おへそレポート

【お祭り】阿木の里のひなまつり・つるしかざりに行ってきました

2017/03/01

IMG_0414

中津川市の南部、阿木の「中の島公園」にて行われている「阿木の里ひなまつり・つるしかざり」を観て参りました。
本日3月1日より5日まで行われているようです。

実はたまたま私用で近くを走っていてふらっと寄っただけなのですが、どれもとても綺麗で、物凄い数。
それでいて1つ1つが個性的。圧巻です。

IMG_0421

IMG_0424

「地域の皆さんから寄贈して頂いた土雛や大正雛、一針一針に想いを込めて作成つるしかざりなどをホールいっぱいに飾り付けます」と中津川市のサイトにて説明がありました。
ただ、その「いっぱい」が想像以上。

金魚は金運を、座布団は子供が早く座れるようになど、全ての人形に意味があるそうです。
会場にて解説を書いたパンフレットが配布されており、その数55種類!
このパンフレットを片手に眺めるとより深く楽しめそうです。

IMG_7202

開場内のBGMは箏…と思ったら生演奏…!

IMG_0449

室内の奥の壁には中津川はもちろん瑞浪、犬山などの土人形が並んでいます。
こちらも「いっぱい」と一言で表すには足りないくらいの凄い数。

IMG_0428

IMG_0446

建物の内外ではつるしかざりや雑貨、食べ物や畳縁の切り売りまで、様々なものも売られていました。
食べるものだけ見渡しても五平餅や阿木のそば粉を使ったからすみ、手作りのランチやスイーツメニューなどがあり、どれもおいしそう。
1日ここにいられるレベル。

IMG_0434 IMG_0436 IMG_0431 IMG_0433

つるし飾りは静岡、福岡、山形の3県で「全国3大つるし飾り」と呼ばれ、福岡のつるし飾りである「さげもん」は観た事があります。
あちらも綺麗でした…が、個人的にはあちらにも負けず劣らずという印象を持ちました。

因みに女の子のお祭りというイメージの強いひな祭り。
最初に書いたように本当にどれも綺麗で凄い量なので、それでも1人でカメラをかかえてやってくる男性のお客さんもたくさんみかけました。
たしかにこれは写真が好きなら足を運びたくなります…!
僕は僕で用事もあり、少しだけと思いつつ写真を撮ってるだけで時間があっという間に過ぎて2時間くらいはいました。

今度はもう少し…せめて半日くらいはいたいし色々食べたい(´ `)
(実はこの時お金を降ろし忘れて何も食べられず…)

———————————————————————-

20170222hinaomote

阿木の里のひなまつり・つるしかざり
場所:中の島公園ふれあいの里
日時:3月1日~3月5日 9:00~16:00



※3月7日~4月3日まで、岩村町様のご好意により恵那市の文化財「土佐屋」様にて展示を行うとの事です。
江戸時代の面影を伝える建物でのつるしかざりもまた楽しそうです。



 


この記事を書いた人

しもじま

名前   しもじま まさき

フェイスブック   https://www.facebook.com/masaki.shimojima

ウェブサイト   https://instagram.com/masakishimojima

中津川出身。ちょっとだけ東京にもいました。好きなモノは多いけど、メインは音楽と読書と食べ物と文化。おヘマガさんでは、基本的にはお気に入りの、もしくは気になったお店やスポットを紹介していけたらなと思ってます。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report