ホーム  >  おへレポ  >    >  【農家のレシピ】豚肉と水菜と春雨のさっぱり炒め

おへそレポート

【農家のレシピ】豚肉と水菜と春雨のさっぱり炒め

2016/12/19

%e6%b0%b4%e8%8f%9c%e6%98%a5%e9%9b%a8

【旬の水菜をシャキシャキしたまま炒めたい】


こんにちは!FarmRootsの佐藤です。

前々回の投稿で、「酢とオイルで玉ねぎ漬け」をご紹介しましたが、今回も応用編ということで、さっぱりとした味付けの野菜炒めに早変わりです。

今日は塩の話をしようかと思います。
私のこだわりなのですが、野菜炒めは醤油などをまわしかける前に、まず塩をぱらりと振ります。しっかり塩味を野菜になじませてから醤油をかけるのです。そうすると、味が上滑りすることなく、野菜の奥まで塩味が浸透して、かつ塩辛くなく、丁度よくなります。

醤油は液体なので、油まみれになった野菜に回しいれても、はじかれてしまいます。それで何回味見をしても物足りなくなって、結果たくさんかけてしまいます。でも塩だけだと効きすぎたり、旨みが足りなくておいしくありません。ですので、塩の摂りすぎを防ぐにも、「先にちょっと塩作戦」はよく効きます。常識なのかもしれませんが、やったことのない方は是非お試しあれ。

でも、塩はかけすぎないようにしてくださいね。

====================

【材料】

豚肉薄切り 150g
しめじ 50g
水菜 2把
ごま油の酢玉ねぎ漬け 1個分
春雨 20g
ショウガ 少々
油 小さじ1
■ 調味料
★酒 大さじ2
★みりん 大さじ2
★しょうゆ 大さじ2
塩 小さじ1/2
【作り方】
  1. 「酢とオイルで玉ねぎ漬け」を使用しています。
    少々の塩でもんだ玉ねぎに酢とゴマ油を入れて代用可。
  2. 〇豚肉や野菜は一口大に切っておく。
    〇春雨は茹でてざるにあげておく。
  3. フライパンに油をしき、豚肉を炒める。しめじ⇒春雨⇒玉ねぎ・ショウガ(みじん切り)の順に入れて、塩をなじませる。
  4. 調味料★をざーっと回しいれ、最後に水菜を入れて、サッとかき混ぜる。
    完成!
    ====================
 

農家の我が家ではあまりありませんが、たまに外食や野菜少なめの洋食料理が続いたりすると、すぐに子供も親も便秘になります。
普段食べている野菜の量がすごいので、食物繊維量に腸が慣れきってしまっているのでしょう。
そんなこともあって、「野菜マシマシ」の料理レシピを常に考えています。
「酢とオイルで玉ねぎ漬け」はちょっと野菜が足りないなという時に便利です。お試しあれ!

参考:豚肉と水菜と春雨のさっぱり炒め BY Farm Roots

 


この記事を書いた人

ayami

名前   ayami

フェイスブック   https://www.facebook.com/farmroots/

ウェブサイト   http://livedoor.blogcms.jp/blog/farmroots/

2012年に横浜から恵那市へUターンしてきたおへそ仲間です。 登山や自然に関することと、お絵かきがすきな20代後半女子です。 2014年に1児の母になりました♪ FarmRootsという農家2年目でもあります。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-report