ホーム  >  おへそ仲間の声  >  【お祭り】くしはらヘボまつり2017潜入レポ。今回は防虫ネット装備!(でも刺される)

おへそ仲間の声

【お祭り】くしはらヘボまつり2017潜入レポ。今回は防虫ネット装備!(でも刺される)

2017/11/21

今年も行って参りました「くしはらヘボまつり」
http://ohemaga.com/event/hebofes2017

そして初めてクロスズメバチに刺されました。
\(^o^)/

このお祭りの訪問は3回目。
今回はお祭りに集中してキチンと写真を撮りたいなとも思い、地元のホームセンターにて防虫ネットを購入。
そして長袖+グローブで完全防備。
もう隙はほとんどない。

IMG_8957

入場後すぐに顔にとまった。

因みに今回、手のひら側は黒く、甲側はグレイの登山用グローブを付けてました。
手にとまったヘボは黒い部分に沿って歩いてた。
手持ちのカメラも黒いからか、頻繁にたかられた。シャッターボタンかと思ったらヘボでした、なんて事も。
そんなに好きか、黒。

しかしお陰で出品で運び込まれる蜂の巣とヘボたちにも至近距離で!

IMG_3352

中にはこんな園芸品みたいな巣箱も。
一部ガラスになっていて断面図的に見られる!

IMG_3304

そうこうしてるうちに巣箱や開封用のネットハウスの隙間から次々と逃げ出すヘボたち。

IMG_3364

ハウスの中は流石に危険らしく、スタッフの方々も完全防備。
黒い服を着ていたテレビ番組のカメラマン(写真右側)は、ネットをかぶりグローブもつけていたのにお尻を刺されていたそうです。

IMG_3390

(写真左側にはネット無しで平然としてる方もいるけど、真似できない…)

忘れちゃいけないヘボ五平餅。
焼きたてはとても美味しい。

IMG_9029

あちこちでビールを呑んでる人やその缶から漂うアルコールに惹かれるようで、中には唇に何匹かヘボをくっ付けたまま歩いてる人もいました。
あえてお酒の入ったコップを置いてヘボをおびき寄せてる人もいれば缶ビールに寄ってきたヘボを叩いたり箸でつまんでは集めてる人まで。

IMG_3395

中央のテントでは防護服と一緒にお酒とつまみがセットで売ってたり…。笑

今回は鹿や猪のフランクフルトも売っていました。
寒い時期はこの辺りの一部のカフェでも猪肉を扱うくらい、一部地方ではメジャーな食べ物。

IMG_3329

このお祭りで見かける定番商品として、HEBOステッカーや昆虫食の本、ヘボなどの昆虫スナックがあります。
実は昆虫のお菓子も毎回買っていますが、こちらは普通につまみ感覚で食べられます。

IMG_3315 IMG_3317

開封と解体している人たちは完全防備でも、軽量後に巣の販売をしている方々はわりと普通な恰好。
もちろんヘボは飛んでます。
スタッフの女性が「痛い!刺された!」と叫んでも一緒にいる人から「でも仕事しなきゃ!」という会話が聴こえるシビアな世界。

IMG_8950

と思ってたら僕も刺されました。
どうもかぶってるネットの首元の隙間から入ってきたようで、すぐに振り払ったので大事には至らず。
しかもネット自体はそこまで広くないので、ネットごしに刺されるリスクも実はある。
後日調べ直したら顔とネットの間が広いタイプのものもあるようで、首元の隙間も防ぎやすそう。
今度はそれを買ってみよう…。
とりあえず救護室でキンカン塗ってもらってそのまま散策再開。
(1週間くらい痒かった)

出店数は去年は116個。今年は144個と、かなり大幅な増加。
そして重量トップは6370gと、久々の6kg越え!
しかも2位も6070gで、1位も2位も同じ方々による飼育の巣なんだそうです。
それでもその方の自己最高記録は7500gとの事。
なんだかもうよく分からない…。

そしてこの日の晩御飯はもちろんヘボご飯…。
今年もこんにちはー。

IMG_3401

全体的な年齢層自体は高めとはいえ、現在このお祭りは若い人たちが中心で運営してるようです。
去年も今年も感じたのは、その若い人たちの雰囲気がとてもいい感じ。
その雰囲気がお祭り全体にも広まっていて、もちろん準備や当日まで色々大変な事もあるのだろうけど、お祭りはスタッフの方々もお客さんもとても楽しそうなのが印象的。

また、会場にある温泉「串原温泉 ささゆりの湯」ではクラウドファンディングによる支援を募っています。
https://readyfor.jp/projects/sasayurinoyu

今年の冬は休業し、来春の再オープンに向けての宣伝と新商品開発の為の募集との事です。
温泉とキャンプ場の複合エリアでもあるささゆりの湯。

どんな商品が生まれるのか。
そしてどんな生まれ変わりを見せてくれるのか。
こちらも見逃せません。


この記事を書いた人

しもじま

名前   しもじま まさき

フェイスブック   https://www.facebook.com/masaki.shimojima

ウェブサイト   https://instagram.com/masakishimojima

中津川出身。ちょっとだけ東京にもいました。好きなモノは多いけど、メインは音楽と読書と食べ物と文化。おヘマガさんでは、基本的にはお気に入りの、もしくは気になったお店やスポットを紹介していけたらなと思ってます。

メールマガジン登録
恵那山麓エリアで素敵な取り組みをしているおへその仲間。個々の活動や地域の魅力をそれぞれの視点で発信しています。
Instagram
えなここ

トップへ

運営:NPO法人えなここ 〒5097201 岐阜県恵那市東野172 TEL 0573-22-9211 FAX 0573-22-9214

© 2017 NPO法人えなここ. All rights reserved.

single-voice